カーテンやカーペットの種類

カーペットの種類

カーペットの種類インテリアとして、どこの家にも1枚はあるというものがカーペットです。
おしゃれなカーテンなども部屋の雰囲気をよくしますが、カーペットも重要です。
カーペットには素材や製造方法、毛足の長さなどによってたくさんの種類があります。
用途によって選ぶことができます。
インテリアのお店などでもっともたくさん置かれているものは、「タフテッド」という無地のものです。

 

基布に機械でパイルが植えつけられているため、大量生産をすることができるものです。
同じような構造になっていて、基布に描かれた下絵に沿って電動フックガンで刺繍したものは「フックドラグ」といい、手作りであるために大量生産することができません。

 

縦糸と横糸で織って作られるタイプのカーペットは、世界各地においていろいろなものがあります。
機械織ですとイギリスを発祥とする「ウィルトン織」、2枚を同時に織ることができる「ダブルフェース織」、ベルギーモケットや中国モケットなどといった「ジャガード織」が代表的なものです。

 

手織りのものですと「中国緞通」、「パキスタン絨毯」などが知られています。
パイル状になっているカーペットにはパイルがループになっているもの、カットしてあるものがあります。

 

カットの仕方や長さにもいろいろなものがあり、それぞれで感触は異なります。
そのほかインド綿などでパイルのない平織りにしたもの、編んで作られたもの、縫い付けて作られた「チューブカーペット」、繊維を圧縮して作られた「ニードルパンチカーペット」といったものもあります。

 

形としてもっとも一般的なものは部屋の大きさに合わせて3畳、6畳というサイズに作られているものです。
畳数表示は団地間、江戸間、五八間、中京間、本間というそれぞれで大きさが違います。

 

カーテンの魅力に迫る

皆さんのご自宅の窓にはどんなものが取り付けられていますか?窓に取り付けるものは、カーテン、ロールスクリーン、ブラインドなどがあります。
この中でもやはりおすすめで、どのご家庭からも好評を得ているのがカーテンです。
どうしてそんなに魅力があるのでしょうか。
それは、布きれでできていますからどんなに大きな窓でも対応できるのがメリットですね。
オーダーでお願いすれば、新築の家など大きな窓に取り付けられるような大きなものを作ることが簡単にできます。
また、光を遮るという効果だけではなくて、室外の空気を遮断することできるのも大きなメリットではないでしょうか。
夏などは日光が照りつけてお部屋も暑くなってしまいますが、取り付けることで光をしっかり遮り、エアコンの効きもよくなりますし、冬などの寒い日は外気温が低く窓の隙間から冷たい空気が流れてきますが、寒い外気温を遮断できるので、室内は暖かくこちらもエアコンやストーブなどの暖房機器の効き目も高くなります。
しかもカーテンはデザインやカラーも非常に豊富なので選ぶのが楽しいですし、模様替えをしたいおしゃれな方にはぴったりです。
魅力たっぷりだからたくさんのご家庭で未だに愛用されているのですね。

カーテンは通販で選ぶ

インテリアを決めるポイントは家具や小物など様々ありますが、カーテンもとても大事な存在となっています。
カーテンは窓辺に使うもので、かなり面積もありますので、柄や素材、色が違うだけでかなり部屋の雰囲気は変わってくるものです。
ピンクなどは温かみがあり、女性らしい優しい感じになりますし、モノトーンではクールな雰囲気になるなど同じ部屋でもかなりイメージが変わるので、季節や気分によって取り替えてみるのも良いでしょう。
購入するときは、インテリアショップやホームセンターで選ぶのも良いですし、最近は通販でも充実していますので、こちらもチェックしておきたいところです。
通販なら色柄や素材なども実に多くの種類がありますし、既成のサイズだけではなく、オーダーにも対応していますので、ぴったりのサイズで注文することもできます。
通販は便利ですが、実物は見ることができませんので、サンプル生地などがあれば事前に送ってもらい、確認してから購入するのもおすすめです。
カーテン選びの案内人

インテリアにおけるカーテンの重要性

カーテンは、インテリアにおいて室内の印象を決定づける重要なアイテムです アジアンテイストのものやヨーロッパテイストのものなど、様々な種類のものが多数販売されています。 素材によっては、クリーニングも自宅で行うことが可能です。 カーテンの色や柄によって、部屋で過ごすときの気分や体感温度などに違いがでます。 季節ごとにカーテンを変更することで、一年中フレッシュな気持ちで過ごすことが出来ます。 近年では、インターネットなどを使用することで、簡単にお洒落なカーテンを入手することが可能です。

割高になるオーダーカーテン

賃貸物件に入居した際には、その物件の窓に合う大きさのカーテンを用意します。 既製品で間に合うのであれば、最近は安いものも販売されているために、気に入るものを安く入手できます。 しかし物件の状況によっては既製品では一長一短の窓の大きさもあり、その場合にはオーダーカーテンを作成する必要があります。 その場合には昼間にかけるレースのオーダーカーテンと、夜間にかける厚手のオーダーカーテンの2種類を作る必要があります。オーダーカーテンで用意する必要がある場合には既製品よりも割高になるため、どこまで既製品で我慢するかという判断も必要になります。